【ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト / ペルソナ5 ダンシング・スターナイト】プレイ感想

PS4ソフト「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(P3D)」「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(P5D)」をプレイしたので、紹介と感想です。

今作は「ペルソナ3」「ペルソナ5」のスピンオフ作品となり、各作品に登場するキャラクターたちのダンス演出やリズムゲームを楽しむことができる内容となっています。

スポンサーリンク

ストーリー

ペルソナ4のスピンオフ作品である「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」のようなオリジナルのストーリーモードは存在しませんが、両作品ともにゲーム中に条件を満たすことで「コミュ」という仲間とのイベントを楽しむことができます。

コミュを進めると各キャラクターの部屋に案内されて探索ができるようになり、PS4版では部屋の探索はPS VRに対応しています。

「ペルソナ3」「ペルソナ5」をプレイしていたほうがより楽しめますが、コミュイベントを進めていくことで登場キャラクターたちをある程度知ることができ、リズムゲームがメインとなっているので未プレイの人でもゲームを楽しめるようになっていると思います。

キャラクター

「ペルソナ3」「ペルソナ5」に登場するキャラクターたちのダンス演出やコミュを楽しめるようになっていて、一部のキャラはDLCとして追加することができます。

両作品共通となっているDLCキャラも存在し、格闘ゲームとして発売された「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」と「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」に登場したラビリス、皆月 翔を追加することもできます。

ゲームモードについて

ゲーム中にプレイする主なモードはリズムゲームをプレイする「DANCING!」と仲間とのコミュを見ることができる「COMMU」の2つになります。

「DANCING!」ではプレイしたい楽曲を選んでリズムゲームを楽しむことができ、楽曲をクリアしていくことで新たな曲を解放していくことができます。

楽曲のプレイ前には持っているコスチュームやアクセサリーをキャラクターにつけることができ、新しいものはコミュを進めることで入手できるようになっています。

使用するボタンやスティックは通常ノートを押すときに使う十字キーの上・左・下と○・×・△ボタン、スクラッチをするときに使うLRスティックまたはR1ボタン(設定で変更可能)となっていて操作は複雑ではありませんが、画面が独特なので慣れるまでは難しく感じるかもしれません。

難易度変更の他にも楽曲プレイ時に有利な効果を発揮するサポートというものがあり、サポートをオンにすることで楽曲が途中終了しなくなるなどの強力な効果が受けられるので、ゲームのプレイを続けていけば全ての楽曲を解放することができるようになっています。

「COMMU」では仲間とのイベントを楽しむことができ、リズムゲームで条件を満たすことで解放されていくようになっています。

コミュの解放条件はリズムゲームの成績の累計となっていて一度のプレイで難しい条件を満たす必要はないので、普段リズムゲームをやらないという人でも楽曲を繰り返しプレイすることでコミュを進めていくことができるようになっています。

コミュの内容にはペルソナシリーズに関する話題が出ることがたまにありますが、仲間同士の会話を楽しむのがメインとなっているのでシリーズをプレイしたことがなくても大丈夫だと思います。

コミュを進めると各キャラの部屋に案内されるようになり、「カード探し」という要素を楽しめるようになります。
部屋は各キャラの私室を再現しているという設定になっていて、PS4版ではPS VRをもっていれば探索をVRモードでプレイすることもできます。

各要素の解放条件について

このゲームではコミュやコスチューム・アクセサリー、サポートなどを解放するためには条件を満たす必要がありますが、出現していないものにカーソルをあわせると解放条件が表示されるようになっています。

サポートをオンにしていてもコミュやコスチューム・アクセサリーの解放には影響はなく、サポートは複数の項目を同時にオンにすることができるので、ゲームが苦手という場合でもサポートの解放を優先して出現したものをオンにしながらプレイすることでコミュやコスチューム変更を楽しめるようになっています。

まとめ

今作は「ペルソナ3」「ペルソナ5」のキャラクターたちによるダンス演出やコスチュームの変更、コミュイベントを楽しむことができるスピンオフ作品となっているので、各作品のファンなら楽しめる内容になっていると思います。

ジャンルはリズムゲームとなっていますが難易度の選択やサポートをオンにすることで楽曲のクリアや各要素の解放がしやすくなるので、普段リズムゲームをプレイしないという人でも遊びやすいようになっています。

「ペルソナ3」「ペルソナ5」をプレイしたことがなくてもコミュイベントを見ることで登場キャラクターたちがどのような人物かおおまかに知ることができるようになっているので、手軽に楽しめるリズムゲームをプレイしたいという人にも向いていると思います。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク