【ICEY】プレイ感想

Nintendo SwitchのDL専用タイトル「ICEY」をプレイしたので、紹介と感想です。

この作品のジャンルは2Dアクションゲームとなっていて、簡単な操作で戦闘を楽しむことができますが、登場するキャラのセリフやゲーム内演出にはゲーム自体やプレイヤーをネタにしたメタ要素が多く含まれているという特徴があります。

ストーリーとキャラクターについて

ストーリーは「ユダ」という存在の撃破が目標というシンプルなものですが、操作キャラである「ICEY」についてくる「ナビゲーター」のセリフがゲームに対するメタ要素を多く含んだ独特なものになっています。

普段ナビゲーターは先に進むための道をこまめに指示してくれるようになっていますが、ナビゲーターの指示を無視するような行動を取ると、プレイヤーを先に進ませようとゲームの登場キャラとは思えないようなセリフをしゃべってくれるようになっています。

ゲームやプレイヤーに対するメタ発言に抵抗がなければ、あえて道を外れるような行動を取ってナビゲーターの反応を楽しめるような内容になっていると思います。

ゲームシステム

戦闘や移動で行う操作は弱・強攻撃と二段ジャンプ、敵のすり抜けや移動に使用できるダッシュが主なものになります。

弱攻撃を連打するだけでもコンボがつながるようになっているので、あまりシビアな操作をせずに戦闘を楽しむことができます。

強攻撃は防御している敵や、敵が大きなスキを見せたときに有効ですが、弱攻撃だけでも先に進めるようにはなっています。

ダッシュは真横以外の方向にも行うことができ、少しゲームを進めると連続で行える回数が増えるため、画面を広く使った爽快感のある戦闘が簡単な操作で行えるようになっています。

その他にも敵の攻撃に合わせてダッシュを入力すると行えるカウンターなどのアクションがありますが、ゲーム開始直後のチュートリアルで説明を受けることができるようになっています。

ステージ中にいくつかあるセーブポイントでは、敵の撃破や宝箱から入手できるお金を使って攻撃力、防御力、コンボの種類を増やすことができ、習得しているものの操作を確認することもできるようになっています。

弱攻撃の連打だけでもコンボがつながるような戦闘になっていて、キャラのアップグレードをすることもでき、シビアなジャンプアクションなどが必要な箇所もゲーム内には存在しないので、アクションゲームをあまり遊ばないという人でもプレイしやすい内容だと思います。

収集系のシステムには「実績」があります。
他のハードのトロフィーや実績と違い、ゲーム内に組み込まれたものになっていますが、特定の条件を満たすことで解除されるという点は同じです。

特殊な条件の実績はナビゲーターの指示を無視すると解除されるようになっているので、ナビゲーターの反応を楽しみながら実績のコンプリートを目指すことができるようになっています。

まとめ

このゲームのアクションは簡単な操作でコンボをつなぐ、ダッシュで画面を飛び回るといったことができ、キャラのアップグレードをすることもできるので戦闘の難易度は抑え目になっています。

ゲーム内に登場する多くのメタ要素に抵抗がなければ、アクションゲームをあまりプレイしないという場合でもプレイしやすい内容になっていると思います。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク