【ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX】「一寸先は崖」超上級攻略メモ

「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX」のエクストラマッチ「一寸先は崖」超上級の攻略メモです。

「一寸先は崖」はDXからエクストラマッチに追加されたもので、「ローズヒップ秘密の特訓」と同じくクルセイダーを操作して時間内にゴールを目指す内容になっています。

「ローズヒップ秘密の特訓」に比べるとコースは単純ですが、ステージが山道なので、操作を誤ると崖から落ちてゲームオーバーになってしまうという違いがあります。

また、制限時間も3分しかなく、慣れないとシビアなタイム設定になっています。

この記事は「一寸先は崖」超上級を何度かクリアしたときに気をつけたことなどをまとめたメモのような内容になります(DXより前から存在するエクストラマッチ超上級の一部攻略や、デカール、戦車カラーの入手方法などはPS4版のトロフィー攻略記事で扱っています)。

クルセイダーの操作やコース全般の注意点

クルセイダーは他の戦車に比べて制御が難しく、慣れないと車体が左右に揺れてしまってうまく直進ができないような性能になっています。

Lスティックを短時間のうちに左右に入力してしまうとすぐにコントロールが困難になってしまうので、まっすぐ進みたい場合はできるだけLスティックを一定方向に傾けるように操作する必要があります。

また、ステージが山道なので、ほとんどの場面では画面左側に寄りすぎてしまうと崖から落ちてゲームオーバーになってしまいますが、画面右側にくっつきすぎても岩に乗り上げて車体がひっくり返ってしまう場合があります。

タイムロスと崖から落ちてしまうことの両方を防ぐために、場所によっては崖際の道でも中央~若干左寄りを狙って走ることになるので、クリアするためには車体のコントロールと合わせてある程度の慣れが必要な内容になっています。

なだらかな道ではあまり速度を落とさないように走らないと制限時間に間に合わせるのが厳しくなりますが、急なカーブではいったん止まってからゆっくり曲がるという方法を使ってもクリアすることができます。

止まった状態からすぐに加速することができるブーストダッシュは、スタート直後や急なカーブをゆっくり曲がった後(先の道が直線の場合のみ)、地形に引っかかって減速してしまったときに使用するのがいいと思います。

コース中の一部ポイントについて

・序盤の坂道になっている急なカーブ

序盤の急なカーブ(下の画像の場所)は坂道になっていて、適当な場所からのぼろうとするとうまくいかないようになっています。

いったん停止してから、コース上に表示されている道筋の通りに移動することで安全にのぼることができます。

進入する角度を覚えれば速度をつけた状態で右側の斜面をのぼることもできますが、成功させるのが難しいです。

・上記のカーブを越えた先の箇所

坂道になっているカーブを越えた先の箇所では、コースに表示されている道筋が左前方になっていますが、スピードをつけたまま進むと岩に乗り上げて車体が思わぬ方向に向いてしまうなどといったことが起きる場合があります。

左前方へ進むときにうまくいかない場合は、若干速度を落としながら進んだほうが安定しやすいと思います。

・コース中盤の崖際の道

比較的なだらかな道が多いので、タイムを短縮するためにできるだけスピードを落とさずに進む必要があります。

右側に寄りすぎると岩に乗り上げて車体がひっくり返ってしまう場合があるので、できるだけ中央~若干左寄りを走れるように練習したほうがクリアしやすくなると思います。

下の画像の場所の少し先にあるカーブはかなり急なので、いったん止まってからゆっくり曲がる → ブーストダッシュ で進むようにしたほうが安全だと思います。

戦車長スキルを発動するタイミング

一定時間最高速度がアップする戦車長スキルは以下のどちらかのタイミングで発動するのがいいと思います。

・終盤の崖から離れて右側に曲がる箇所

先には崖がないので、下の画像の箇所で発動すれば転落する心配がなく、ゴール付近までスキルの効果が持続します(操作が思い通りにできる場合はもう少し手前でもいいかもしれません)。

ただ、曲がりくねった道がしばらく続くので、車体の制御が得意でないとかえってタイムロスになってしまう可能性があります。

道を右側に曲がったときにタイムが1分近く残っていれば、この時点でスキルを発動しなくてもクリアできたので、コントロールがうまくいかない場合は温存しておいたほうがいいかもしれません。

・ゴールが見えた時点

ゴールが視界に入った場所からゴールまではほぼ一直線なので、その手前で発動したときのコントロールがうまくいかない場合は、下の画像辺りの場所で発動するのがいいと思います。

超上級のクリアにはクルセイダーの操作に慣れることとコースを覚えることの両方が必要になるので、リトライを重ねて少しずつタイムを縮める練習をしながらクリアを目指すようにするのがいいかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク