【Light Tracer】プレイ感想

Nintendo Switchのダウンロード専用ソフト「Light Tracer(ライトトレーサー)」をプレイしたので、紹介と感想です。

この作品はジャンプアクションや仕掛けの操作を行って各ステージのゴールを目指すパズルアクションになっています。

操作がシンプルでキャラクターのグラフィックもかわいらしいものになっていますが、ジャンプアクションが必要な場面が多めのステージがあり、ほとんどのチャプターの最後にはボスが登場するので、アクションゲームが苦手な場合はクリアまでの難易度が高めに感じる可能性のある内容になっています。

各ステージの仕掛けを解いて先に進むためには、画面に表示されている王女を操作する「アイソレートビュー」と、画面に出現する手を使って王女が先に進めるように手助けをする「ビハインドビュー」の2種類を使い分ける必要があるという特徴があります。

ゲームシステム

ゲームは画面に表示されているキャラである王女を各ステージのゴールにたどり着かせることが目的のパズルアクションになっています。

ステージ中では王女を操作する「アイソレートビュー」でのプレイが基本となり、Lスティックでキャラの移動、Rスティックでカメラ移動、Bボタンでジャンプという操作でゲームを進めることになります。

初めにプレイするチャプター1では敵がほとんど出現せず移動もしやすいですが、チャプターを進めるにつれて敵の種類が増えていき、氷の滑る床などの特殊な足場が出てくるようなチャプターではそれを利用したパズル要素が存在します。

王女にはライフが存在しないので、各ステージ中では、下に足場がない場所へ落下する、敵やその攻撃に触れる、のいずれかでミスになります。

ゲーム中の足場は狭くなっていることがほとんどで、うっかり足を踏み外すだけでミスになりますが、各ステージ中では緑色の宝石のようなものがチェックポイントになっているので、たどり着ければミスしてしまってもその場所からすぐに再開できるようになっています。

ミスをしやすい内容のステージにはチェックポイントが複数用意されていて、失敗しても大きく戻されることは少ないですが、キャラのジャンプ力が低いので、慣れるまではジャンプアクションを行うことが多いチャプターをクリアするのが難しく感じるような内容だと思います。

チャプター2をクリアするとYボタンで剣を振って敵を攻撃することができるようになりますが、リーチがかなり短いので、距離感がつかめるまでは扱うのが難しく感じるかもしれません。

ステージ中には王女だけでは先に進めない場面が登場することがあり、そのような場合はLボタンで視点を「ビハインドビュー」に変更して、画面に表示される手を使ってうまく先に進めるように仕掛けを操作することになります。

ビハインドビューでは、王女だと動かすことができない足場を操作することが多いですが、巨大な箱を持ち上げてスイッチの上に置くなど、ステージ中に設置されている物を利用するという場面もあります。

ステージによっては、動かせる足場と敵の攻撃や敵自身を組み合わせないと先に進めないような特殊な場面も登場しますが、王女だけでは先に進めなくなるたびにビハインドビューに切り替えて色々試すクセをつけておけばステージのクリアがしやすくなると思います。

ビハインドビューではLRスティックやZL・ZRボタンでカメラの操作ができますが、足場や物を移動させるときの視点がやや見づらいことがあるので、一部の場面はやりづらく感じるかもしれません。

ゲームのストーリーや設定は、ゲーム開始時や各チャプタークリア時に見ることができる王女がプレイヤーに語りかけてくるようなイベントで少しずつ明らかになり、王女のセリフはフルボイスになっています。

各チャプターのボス戦

ほとんどのチャプターの最後にはボス戦のみのステージがあります。

ボス戦ごとにダメージを与える方法は異なり、ステージのギミックやボスの攻撃を利用することでダメージを与える場合と、剣で直接攻撃を当ててダメージを与える場合の2種類が存在します。

ボス戦だけで1つのステージになっているので、攻撃を受けてミスになってしまってもその場からすぐに再開できますが、そのたびに与えたダメージはリセットされてしまうので、ボスによってはダメージを与える方法や攻撃パターンがわかってもなかなか倒せないということが起こる可能性があると思います。

一部チャプターの最後のステージのみ、表示されている数字を特定の方法で順番になるようにするというパズル的な内容になっています。

コスチュームの入手

メインメニューにある「コスチューム」では、各ステージで集めたコインを消費して王女のコスチュームを入手することができるようになっています。

一度クリアしたステージはメインメニューの「続きから始める」からいつでも遊ぶことができ、入手したコインはそのステージをクリアすることでカウントされるようになっています。

コスチュームを変更してもキャラの性能に変化はなく、服装の違いを楽しむものになっています。

まとめ

ジャンルはパズルアクションとなっていて、チャプターを進めるにつれていくつかの種類のパズルが登場しますが、ある程度のジャンプアクションが要求される場面があり、剣での攻撃はリーチが短いので当てるためには敵にかなり接近しなければいけないため、アクション要素のほうが強いようなゲームに感じました。

各チャプターのボス戦では一発でも攻撃を受けるとミスになって与えたダメージがリセットされてしまい、ボスによっては体力が多いので、アクションゲームに慣れているかどうかでクリアまでの難易度の感じ方が変わるような内容だと思います。

操作キャラの王女にはステージ中のアクション時やイベントのセリフ全てにボイスがついていて、集めたコインで衣装を入手することもできるので、その点に魅力を感じる場合はゲームを進めるモチベーションになるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク