【聖剣伝説2 SECRET of MANA】プレイ感想

PS4ソフト「聖剣伝説2 SECRET of MANA」をプレイしたので、紹介と感想です。

この作品は1993年にスーパーファミコンで発売された「聖剣伝説2」のフル3Dリメイク作品となっています。

この記事では今回のリメイク版とオリジナル版との違いをメインに書いていきます。

ストーリー

ストーリーはオリジナル版からの変更はありませんが、イベントはフルボイスで展開されます。

一部のイベントでは画面に3Dモデルのキャラクターが表示されるので、当時プレイした人でもキャラクターのボイスや仕草、表情の変化などが楽しめると思います。

オリジナル版にはなかった要素として、ストーリーの進行状況に応じて、宿屋に泊まったときにランディと仲間との掛け合いを見ることができるエピソードが挿入されるようになっています。

キャラクター

操作できるキャラクターはオリジナル版と同じく、主人公であるランディと仲間であるプリム、ポポイとなっています。

旅の途中で出会う主要なキャラクターにも3Dモデルが用意されていてボイスがついているので、オリジナル版をプレイしていてもイベントは新鮮に感じると思います。

ゲームシステム

グラフィックは3Dリメイクされていますが、ゲームシステムは一部の変更を除いてほぼオリジナル版を再現したものとなっています。

変更されている部分は

・オリジナル版では各4つまでだったアイテム所持数が設定で変更できる

・武器・魔法のショートカット登録機能(発売日配信のアップデートが必要)

・建物や地形の影にキャラクターが隠れてしまった場合、キャラクターが白い線で表示されるようになる

・マップを切り替えるたびにオートセーブが入る

となっています。

アイテムの所持数は4、8、12から選ぶことができ、変更することでプレイヤーがある程度ゲーム難易度の調節をできるようになっています。

武器・魔法のショートカット登録ではL1とR1に武器・魔法を登録できるので、回復などの使用頻度の高い魔法をショートカット設定することでリングコマンドを開く回数を減らせるのでオリジナル版より快適にプレイすることができます。

キャラクターが隠れたときの表示が変更されたおかげでオリジナル版では位置がわかりづらかったダンジョンでも進みやすくなっていますが、仲間のキャラクターが地形にひっかかってしまう場合があるという仕様はオリジナル版のままです。オリジナル版を遊んだプレイヤーは懐かしく感じるかもしれませんが、初めて遊ぶ人にとってはプレイしづらく感じてしまうと思います。

オートセーブは手動セーブスロットとは別に専用の枠が設けられていて、マップを切り替えるたびにセーブされるようになっています。
もし全滅をしてしまっても近くの地点からすぐに再開できるので便利なシステムだと思います。

今作のゲームシステムはオリジナル版をほぼ再現したものになっているので当時遊んだプレイヤーには懐かしいかもしれませんが、初めてプレイする人にとっては最近のゲームに比べて操作が面倒に感じたり、攻撃の当たり判定がわかりづらいと思う部分があると思います。

ゲームシステムだけでなく、町や村、フィールドやダンジョンもそのまま再現されています。

また、この作品ではアプリケーションエラーが起きてゲームが終了してしまう不具合が起こる場合がありましたが、不具合を修正するアップデート1.02が配信されています。
もしアップデート適用後にも発生してしまった場合は、オートセーブのデータをロードすればエラーが起きたマップから再開できます。

BGMについて

リメイク版ではBGMが全てアレンジされているので、当時遊んだ人でも新鮮な気持ちでプレイできると思います。
また、BGMはいつでもオリジナル版とアレンジ版の切り替えができます。BGMの人気が高いゲームなのでうれしい要素だと思います。

まとめ

ストーリー、世界観はそのままにフル3DリメイクとBGMアレンジがされ、セリフはフルボイスとなっているゲームなので、オリジナル版を好きな人にはおすすめだと思います。

初めてプレイする人でもストーリーや世界観、BGMは楽しめると思いますが、ゲームシステムはオリジナル版をほぼ再現しているという関係上、最近のゲームに比べてやりづらく感じてしまう部分があると思います。

オリジナル版を未プレイで興味がある場合は公式サイトや動画でどのようなゲームかあらかじめチェックしてみるのがいいと思います。

追記

PS4版、Vita版のアップデート1.02と、Windows版のアップデート1.01が配信されています。内容は

・アプリケーションエラー発生頻度の改善
・ブラックアウトした画面へキャラクターが転移する現象の改善
・キャラクターの色味が変化したままになる現象の改善
・画面の半分が黒く表示される現象の改善
・HPが0の状態のまま 味方キャラクターが復活してしまう現象
・特定のマップ において会話が終わらない現象
・二階層になっているマップにおいて階層をすり抜ける現象の改善
・一部攻撃と魔法の組み合わせにより敵の動作が停止する現象の改善
・一部モンスターとの戦闘における弓の挙動の変更

となっているようです。

また、リングコマンド画面におけるキャラクターアイコンの追加やアイテムの効果表示の追加がされています。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク