【ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ】プレイ感想

PS4ソフト「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」をプレイしたので、紹介と感想です。

この作品は人気アニメ「ガールズ&パンツァー」をゲーム化したもので、原作要素を取り入れた戦車バトルやフルボイスでの新規イベントを楽しむことができるようになっています。

ストーリー

このゲームのストーリーモードは「劇場版 ガールズ&パンツァー」の内容を登場キャラクターたちが振り返る「感想戦」というものになっています。
劇場版をなぞるだけでなく、各シーンに対してキャラクターの解説が入る作りになっているので、劇場版を繰り返し見たという人でもアニメの映像特典のような感じで楽しめると思います。

劇場版のシーンやエピソードを振り返る形式なので、見たことがない人は解説されている場面を知らないということになってしまいますが、難しいストーリーではなく、ダイジェストのような構成にもなっているので話の大筋はわかるようになっていると思います。

イベントでは様々なキャラクターの解説が聞けるようになっています。

キャラクター

劇場版までのシリーズのキャラクターが登場し、一部のモードでは戦車と乗員を好きな組み合わせにして遊ぶこともできるようになっています。
登場人物が多いので、作品をまったく知らない場合はキャラクターを覚えるのが大変かもしれません。

ゲームシステム

今作の戦車バトル時の操作にはガルパンならではの要素が取り入れられています。

基本は車体と砲台を操作し、狙いを定めて相手を砲撃するというシンプルなものですが、相手の戦車を砲撃するときはどの部分を狙っても効果が一定というわけではなく、側面や背面などの装甲の薄い部分を撃つとダメージが多く入る、履帯を破壊すると修理が終わるまで相手の動きをとめることができる、といったシステムが採用されています。
また、車体を相手に対して斜めにすることで「お昼ご飯の角度」となり、ダメージを軽減できるといった要素も入っています。

戦車でのドリフトや車長の顔出し、一部車種では「ナポリターン」のような特殊な動作も行えるので、ファンにはうれしい内容になっていると思います。
ドリフト中の砲撃は側面や背面を狙いやすく、車長の顔出しには索敵範囲の拡大といった効果があるので、原作再現要素というだけではなく、使えば有利にゲームが進められることもあります。

ドリフト中の砲撃はうまく使えればダメージを与えやすい場面もあります。

また、走行や相手戦車への砲撃でたまるゲージを使って「パンツァーハイ」というシステムを発動することができます。
発動時間は短いですが、効果中はオートリロード、相手戦車の弱点可視化といった効果があるので、うまく使えば相手に大ダメージを与えることができるようになっています。

他にも車長に設定したキャラクターの「車長スキル」というものがあり、スキル名や効果はそのキャラクターに関連したものになっているので、各キャラクターにどのようなものが設定されているか見ていくのも楽しいと思います。

ゲームモード

このゲームではストーリーモードにあたる「感想戦」の他にも「争奪戦」、「エクストラマッチ」、「フリーバトル」、「オンラインマッチ」をプレイすることができます。

「争奪戦」は登場する学校から一つを選択して全5試合となる大会を勝ち抜くことが目的のモードです。
対戦校と試合のルールはランダムで決まり、試合の前後では選択した学校と対戦校のキャラクター同士の掛け合いを見ることができます。
負けパターンを含めるとかなりのセリフがあるので、他の原作ありゲームのストーリーモードに近い内容にもなっています。

「エクストラマッチ」では原作で行われた勝負や、特殊なシチュエーションでの条件達成に挑むことになります。
1つの項目につき難易度が通常・上級・超上級の3つから選べるようになっていて、超上級の中には難しいものも含まれているので、全難易度クリアを目指す場合はやり応えがあると思います。

「フリーバトル」は戦車やルールなどを自分で設定して遊べるモードになっています。

他にもゲームを進めると戦車のカラーやデカール、選択できる乗員を手に入れることができ、戦車をカスタマイズするという要素が楽しめます。
カスタマイズした戦車はエクストラマッチの一部、フリーバトル、オンラインマッチの一部で使用することができます。

マップ・BGMについて

マップはアニメで戦闘が行われた場所を再現したものになっています。
特に大洗のマップは実際の風景を細かく再現したものになっているので、アニメのファンや実際に訪れたことがある人はマップを走り回ってみるのもおもしろいと思います。

BGMもアニメで流れたものが使用されています。作品のファンにはうれしい要素の一つだと思います。

実際の町並みがしっかり再現されています。

まとめ

劇場版を見たことがあっても楽しめる感想戦や原作の要素を取り入れた戦車バトルを楽しむことができ、モードによっては戦車と乗員の組み合わせを自由に設定して遊ぶといったこともできるので、ガルパンファンにはおすすめだと思います。

アニメを見たことがない場合、感想戦の詳細がわからなかったりキャラクターを覚えるのが大変といったことがあると思いますが、劇場版の話の大筋はわかるようになっていて、戦車バトルも複雑な操作やルールではないのでゲームのプレイを楽しめるようになっていると思います。

スポンサーリンク