【Gato Roboto】プレイ感想

Nintendo Switchのダウンロード専用ソフト「Gato Roboto」をプレイしたので、紹介と感想です。

この作品はネコの「キキ」を操作して、惑星の探索を行うことが目的の2Dアクションゲームになっています。

各エリアを進むときは、マップの内容によってネコの姿とバトルスーツという乗り物を使い分けるという特徴があります。

ゲーム内の各エリアで「モジュール」と呼ばれるアイテムを探してバトルスーツの能力を強化していく探索要素やマップをつなぐゲートの形状などから、2Dアクションとして発売されているメトロイドシリーズを彷彿させるような内容になっています。

ゲームシステム

ネコの「キキ」を操作して、惑星に不時着したときに身動きが取れなくなってしまった飼い主に代わり、各エリアの探索をしながら脱出する方法を探すことが目的の探索型2Dアクションゲームになっています。

ゲームを開始してすぐにキキが乗り込むことができるバトルスーツを入手でき、各エリアはバトルスーツに乗った状態とネコの姿を使い分けて進めるようになっています。

バトルスーツに乗っているときはショットなどの武器で攻撃ができ、ライフが存在するので即座にミスになってしまうということもないため、基本はバトルスーツで行動することになります。

バトルスーツの性能はゲームを進めて「モジュール」を入手することで強化されるようにもなっています。

セーブポイントではライフを全回復することができ、どのような攻撃を受けてもライフは1メモリしか減らないので、ある程度ゴリ押しができるようなゲーム内容になっていますが、一部の強制戦闘やボス戦では途中で回復する手段がないので、敵の攻撃パターンを覚えるために何度かやり直すことになる可能性があると思います。

ネコの姿では攻撃手段がない代わりに、狭い通路や水の中に入ることができ、壁に張り付いた状態でBボタンを連打すると壁を垂直にのぼるといったアクションが行えるので、一部のマップではバトルスーツを降りて移動することになります。

バトルスーツと違ってライフの概念がなく、敵やトゲに当たると一発でミスになってしまうので、ネコの姿でしばらく進まなければいけない一部のマップは難しく感じるかもしれません。

ネコの姿でセーブをすると自動的にバトルスーツに乗った状態になるので、最後にバトルスーツを降りた場所を覚えておく必要はなく、どちらの状態でもキャラの動きが軽快なので、操作に慣れればゲームをスムーズに進めることができると思います。

また、ゲームの内容を覚えればあまり時間をかけずにクリアできるようになっていて、バトルスーツに乗っているときには現在までのプレイタイムが表示されるので、1度クリアした後はタイムアタックをするのも楽しみ方の1つだと思います。

バトルスーツの強化

ゲーム中に「モジュール」を入手すると、ライフアップや武器の強化、能力の追加をしてバトルスーツを強化できるようになっています。

二段ジャンプと敵の踏み付けができるようになる「スピンジャンプ」のようなゲームクリアに必要なモジュールはわかりやすい場所に置いてあるので、ゲーム中の目的を達成するために各エリアを進んでいれば入手できます。

ライフアップや「カートリッジ」のような入手が必須ではないモジュールは、行かなくてもクリアができるマップに置いてあるので、集めたい場合はマップを全て埋めるように探索をすることになります。

カートリッジは単体ではオプション画面でパレットを変更できるという効果ですが、7個・14個集めた状態で特定のマップに行くことでもバトルスーツを強化でき、14個集めるともらえる「ホップ」がないと行けないマップがあります。

モジュールはマップ画面を参考に行ったことがない場所を探せばほとんどが見つかりますが、いくつかのロケットで破壊できる壁は見落としやすい位置にあるので、コンプリートしたい場合は少し大変に感じるかもしれません。

また、一部のゲートはスピンジャンプと「フェイズ」によるダッシュ移動を組み合わせないと届かない場所にあるので、初めて訪れた時点では入れないゲートも存在します。

マップの探索

ゲーム内の各エリアはエレベーターで繋がっていていつでも行き来できるようになっていて、その時点での目的を達成するためにマップを探索するという要素があります。

各エリアのマップ構成はあまり複雑ではなく、能力の入手や仕掛けの操作などをしないと進むことができない場所もわかりやすいようになっています。

プレイ中には+ボタンで開く画面で現在いるエリアのマップを確認することもできるので、道がわからなくなってもマップ画面を頼りにすればあまり迷わずにゲームを進行できると思います。

クリアするまでには、同じ場所を何度も行き来しなければいけないという場面がほぼないので、マップの移動と探索はかなりスムーズに行えるような内容に感じました。

探索を行ってモジュールを全て集めるとゲームの達成率が100%になり、狙う場合は気づきにくい部屋の入り口などを見つける必要があるのでやり応えがあると思います。

モジュールを全て入手していれば、ゲーム終盤にある後戻りできないエレベーターに乗る前に達成率は100%になります。

まとめ

探索要素のあるアクションゲームですが、マップはそこまで複雑ではなく、ネコの姿とバトルスーツの使い分けも難しいものではないので、あまり迷わずに進めるような内容だと思います。

ボス戦やネコの姿で進まなければ行けない場所では、敵の攻撃パターンや配置をある程度覚える必要があるので、苦手な場面がある場合は何度かやり直すことになるかもしれません。

進行手順を覚えればクリアにはあまり時間がかからないので、1度クリアした後も達成率100%を狙うことやタイムアタックをして楽しむことができると思います。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク